Return to site

答えのない状況で、答えを出すための5つの問い

なるほどなあ、と思いました。以下ハーバード・ビジネス・レビューの最新号の記事から抜粋します。

 

ファクトやデータが揃う状況で意思決定を下すには論理的思考が役立つ。しかし、状況が曖昧で不確実な状況では、合理的な意思決定を下すことができない。そのような状況で意思決定を下すことこそ、マネジャーの仕事である。そのために必要なのが、人類の歴史が培ってきた叡智をもとにした5つの問いである。これらの問いに答えることが、人間性のすべてを問われる意思決定において、最良の結果を生み出す方法なのである。  

 

確かに「状況が曖昧で不確実な状況では合理的な意思決定が出来ない」というのは、特に追い込まれたときなどはそうだよな、と思う。

自分の過去でのそういう場面を思い浮かべた。。。

では、5つの問いってなんだろう???

それは、

  1. 最終的な結果はどうなる
  2. 最も重要な責務は何か
  3. 現実の世界で機能するか
  4. 我々は何者なのか
  5. 自分の決定を受け入れられるか

ということ。

これ、ふっかいなあああ。

とても毎回これを考えることは出来ないかもだけど、

でもこのような良質なフレームワークを知り、自分に問いを立て、活用していくことが

僕らがやるべきであり、出来ることであり、本質的にはしたいこととつながっている、と考えている。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly